「CNC制御スウェージングマシン」スウェージングとは丸線材を叩いて伸ばす加工です。CNC制御により線形の太い細いを任意に加工できます。叩き伸ばす加工のため加工後は強度が増し、バネ性を帯びるというメリットがあります。また、加工表面が美しく仕上がる、つまり面粗度が非常に良好になるという点も大きなメリットです。三輪機械の高精度で堅牢なCNCスウェージングマシンは、世界有数の眼鏡フレーム産地である福井県・鯖江で評価され、医療業界などからも注目を集めています。
製品ラインナップ スウェージングマシン ベンディングマシン
三輪機械 製品ラインナップトップ
                                                                                     
   
MWS-3000A  
三輪機械 スウェージング機械 MWS-3000A
「CNCスウェージングのスペシャリスト」
スウェージング加工とは、線材やパイプ材を任意の径に
絞る加工のこと。当社のCNC制御スウェージングマシン
を用いれば様々な材料を様々な太さに容易に加工でき
ます。
MWS-3000ABF  
三輪機械 スウェージング機械 MWS-3000ABF
 
「センタレス定尺材はバーフィーダー付
スウェージングマシン」
NT材などの固いバー材料をバーフィーダーで連続フィ
ード。シンプルで剛性が確保された構造はφ5.0mm
NT材のスウェージングも可能です。
MAXシリーズ  
三輪機械 2軸/3軸制御曲げ加工機 MAXシリーズ
「2軸/3軸制御曲げ加工」
元々は眼鏡フレームのレンズをはめ込むリムを3次元で
加工するための機械ですが、福井県工業技術センター
との共同研究・開発によりモーターコイル用巻線機とし
て特許を取得しました。Fβ(エフベータ)巻きといわれ
独自の巻き様式を可能にし、モーターなどの性能アッ
に貢献いたします。