三輪機械 ベンディングマシン MAX-353D
三輪機械 ベンディングマシン MAX-353D
MAX-353Dのしくみ
MAX-353 巻き型、カーブ押し型を使わず、3次元のリム加工を実現した画期的なマシンです。
リンクマシンMAX-350Dは、リム巻加工の多様化及びレンズカーブを含む3次元曲げ加工の高速性、信頼性、操作性を追求し、且つ省力化を同時に実現させました。

多様な玉型に対応
円形・オーバル型からスクエア型まで。
五角形などの多角形も可能です。
 
CADデータからの製造
専用ソフトがDXFファイルを読み込みます。
ソフト上にて細かな部分修正が可能です。

操作パネル
シンプルな操作パネルは、扱いやすさが際立っています。
 
カッター
1枠できるごとに切断します。
 
リム線搬送部
もともとボビンに巻かれて納品されるリム線を一度真っ直ぐにする必要があります。
MAX-353Dの仕様
 
サイクルタイム 4~6sec
最小レンズカーブ 6カーブ
カッティング方法 ナイフカッティング
エアー圧 4~7kgf/cm2
NC装置 S-MACシステム
サーボ
モーター
容量
X軸 0.5kW
A,Y軸 0.5kW
トレーサー軸 0.5kW
ワイヤー送り出しモーター 25KW
電源 三相AC200V+-10% 50/60Hz
電源容量 Max.6kVA
iインターフェース ラン・インターフェース
機械の大きさ 幅1,800×高1,500×奥行820mm
機械の重量 500kg(NET)
 
  フロアースペース
設置図面